ゴルフのレッスン書とはこうあるべきを追求…
コンバインドプレーン理論が生み出す究極のスイング感覚を実現 超図解・実用書版スイング理論書が完成!

発売直後から大きな反響を呼んだ「DVD版 コンバインドプレーン理論」 そして爆発的な売れ行きと同時に殺到したリクエストがコンバインドプレーン理論のテキスト化でした。しかし実際の動きを撮影しているDVDですら困難を極めたコンバインドプレーンを、より制作の難しい印刷物として、なおかつ誰もが理解しやすい形として完成させることなど本当にできるのだろうか?
こんな不安と戦いながら安藤秀とコンバインドプレーン事務局が試行錯誤を繰り返した結果、写真と文章を駆使して進化させた「コンバインドプレーン理論・スイング感覚の習得テキスト」が完成しました。多くのゴルファーの心を掴んだコンバインドプレーン理論ですが、今回作り上げたテキスト版ではDVDの映像とは違った切り口で、効率よくコンバインドプレーン理論を習得することが可能です。

安藤プロは、一体、どんな感覚でスイングしているのか?

こんにちは、ようこそいらっしゃいました。

コンバインドプレーン事務局です。

実は安藤プロに「どんなものを作るかはすべて任せる」という話からスタートした制作物があります。
安藤プロがこれでまでやりたくても出来なかったことを、
何の制約もなく自分の思いつくままに作りたかったものを作る。

練習器具でもいい、今までになかったレッスン書でもいい。
とにかくコンバインドプレーン理論の生みの親としてやりたかったことを、形として制作して欲しいという
事務局の意向を伝え、その結果誕生したのが「安藤 秀完全監修のゴルフスイングレッスン書」です。

「より多くの人にコンバインドプレーン理論を学習しレベルアップして欲しい」という
安藤プロの思いが詰まった今回のテキストは、まったく新しいゴルフレッスン書だと言い切れます。
それ程のものが完成したと自負しております。

今まで、雑誌などに書かれている当たり障りのないレッスン内容で成果が出た方はどれくらいいるでしょうか?
トッププロが誌面で伝えるコツやテクニックを本当に習得できた方もどれくらいいるでしょうか?
おそらくほとんどの人は、しばらくするとまた新しい雑誌で書いてある違うレッスン内容を、
その本当の意味もわからず練習に取り入れているのではないでしょうか?

「独自で練習してるんだけど、なかなかうまくならないんだよなぁ・・・」

そういう声が事務局にも多く届いています。

正直に申し上げます。

先ほどお話したような「雑誌に載っている写真を見て
トッププロと同じフォームでスイングするべく努力している」

そんな方にはちょっと刺激が強い内容かも知れません。

今回のコンバインドプレーンテキスト版は安藤プロが
ティーチングプロの資格取得後、筑波大学に通い
作り上げた「コンバインドプレーン理論」を習得し、
その理論通りの感覚やイメージでクラブを振る
ためのノウハウのすべてを詰め込んで頂きました。


その特徴は…これまでスイング学習における曖昧だった
点を一切ごまかさず、徹底的に言葉で解説しながら、
スイングの真実をありのままに書いて頂いたところだと
思います。

「安藤プロに直接習いたい…」

そうお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、居住地などの問題もあり実際問題として
直接習うのは無理という方も非常に多いはずです。

このテキストは、「安藤プロが直接教えてくれたら
もっと上手くなる気がする…」という方でも確実に納得するスイングが出来るようになる内容に仕上がっています。

是非、ご一読ください。

ゴルフ仲間に圧倒的なスコアで勝ちたい
では、その為には、何をどう練習すればいいか分かっていますか?

すべてのゴルファーはこうした夢を持っているはずです。
しかし、多くの夢を抱いているいっぽうで、大きな勘違いがあることも事実です。

それが「ゴルフが上手くなるのは一部の人間だけ」「練習場にたくさん行けばうまくなる」「スイングがきれいになればゴルフが上達する」これはすべて間違いです。理想のゴルフスイングは、すべてのゴルファーが平等に手に入れられます。

そして、誰にでもその人にとって最高のスイングがあり、その最高のスイングを作るための基礎を作るのがコンバインドプレーン理論から習得する正しいスイングの感覚なのです。

iPhoneで動画をご覧になる方はこちら

一生ゴルフを楽しみスコアを上げていけるようゴルフスイングの進化を追い続ける安藤 秀がもっとも「効率良く」「確実な」練習方法を伝授します。 
             あなたの隣でスイングを見ながらもっと○○な感覚で振ってみてください…と具体的なアドバイスが目的です。

どんなレベルであってもゴルフをプレーする人にとって目指すものが必ずあるはずです。

自己ベストとなる最少スコアを出すこと。
誰でも負けないボールコントロールを手に入れること。

しかし、これらを実現するためには、大いなる情熱と常に高く保たれたモチベーションが必要です。

そして、こうしたゴルフのレベルアップを望む場合、そのほとんどがスムーズにいかないのです。
悩み考え苦しみながらひたすら練習を繰り返すことも決して無駄ではないのですが、その先に明確なゴールが見えなければ、そこへ辿りつくのは難しいでしょう。

また、いくら熱心に練習しても、これまでどんな本を読んでも、一向に上達を感じられないとしてもそれはセンスや才能とは無関係であり、ただ自分のゴルフ力を上手に引き出せないだけなのです。

まずあなたの中に眠るゴルフセンスはどれだけのものかを考えてください。
そして今現在、発揮されている力はあなたの中に眠る能力のわずか数パーセントにしか過ぎないことを知ってください。

この眠っているあなたの能力をもっとも効率よく引き出すことができる、それがコンバインドプレーン理論です。

安藤秀が贈る脅威のスイング構築ドリルは、あなたをまったく新しいゴルフスイングの世界へと導くことをお約束します。

どれだけゴルフの情報を集めて、独自にスイングを研究してもスコアに直結しない・・・その理由。

数え切れないほどのボールを打ち、ゴルフ雑誌を読み漁り、レッスンを受け続け。
それでもなかなかゴルフが上達しない

ちょっと考えてみてください。
普通、ゴルフが上手くなりたいと思ったらとにかく練習するはずです。

雑誌を読み、レッスンを受け、自分なりに試行錯誤しながらクラブを振る。
しかし、いくら練習場で上手く打ててもコースに出るとミスショットばかり。

コレだ!というコツを掴んで翌日練習に行くも、まったくボールに当たらない。こうなると「自分にはゴルフセンスがないんじゃないか?」という疑念が湧きモチベーションが一気に下がります。

そして徐々に練習場からも足が遠のき、最初に持っていたはずのゴルフ上達への情熱が冷めていくのです。
ですからゴルフの上達のために必要なのは、練習段階でも自分のスキルアップが実感できることなのです。またそのスキルアップのためのレッスンはシンプルでありながら効果的かつ理論的でなくてはなりません。

ゴルフが上達するためには、写真などから得られる一瞬のフォームを自分に取り入れる練習をすることよりも、どのように体を使い、どのような感覚でクラブを振ることがもっとも効率がよいのかを理解することが重要なのです。 「どんなイメージで体を動かすのか?」これがスイング学習で重要でありながら、もっとも習得が難しいスイング感覚です。 そしてスイング練習の目標とはプレイヤー自身が独自のスイング感覚を習得することにあるのです。


あなたが雑誌やレテビを通して見ているトッププロのスイング。
それは決してあなたのものにはなりません。

なぜなら、すべてのプロゴルファーは溢れる才能に加え、膨大な練習時間を費やし自分独自の最高のスイングを手に入れているからこそ、アマチュアには決してマネできないゴルフを繰り広げられるのです。

そしてあなたが、その手に入らないスイングフォームを目指しているとしたら…。

多くのアマチュアゴルファーはこの事実に気が付いていません。ではアマチュアゴルファーにとって必要なものは何か?それは自分が目指すものは、誰かのマネではなく自分の能力を最大限に発揮できる最高のスイングだということです。

では、あなたのゴルフスイングを能力が許す限り高める、その方法とは?それはスイングの仕組みを理解し、基礎から作り上げる練習方法を実践することです。
コンバインドプレーン理論はあなたが望む、理想の弾道、憧れのボールコントロールを手に入れるために必要なスイング感覚を体に確実に埋め込んでくれます。やみくもにクラブを振り何発かに一発の割合で出るナイスショットを、まぐれではなく本物のスイングから生み出されるボールとして習得するためのツールです。

今回、テキスト化されたコンバインドプレーン理論は、これまで漠然としていた目指すべきスイングへどうやったら辿り付けるのかを明確にしてくれる教材です。あなたが長い時間あこがれていたスイングは納得のいく飛距離と正確なコントロールに加え高い再現性があったはずです。
その完成されたスイングを手に入れるための究極の段階的練習方法。

さらに今回製作したコンバインドプレーン理論テキスト版は、通常のゴルフスイング指南書やレッスン書とは一線を画すものです。これまでレッスン書に書かれていた「こういう動きを覚えましょう」「○○プロのこの形になるように振ってください」という、漠然とした動きや目標は一切収録されていません。
初めてゴルフクラブを握った人でも違和感なくスイング感覚が掴める構成となっています 初心者でも安藤プロを同じ感覚でクラブが振れる

リストターンではなく、ボディーターンでクラブフェースを運ぶ・・・その、本当の意味を理解するだけではなく“体感”できます。

先着700名さの方にのみ「安藤秀考案」の特別特典をプレゼントさせていただきます!
完全オリジナル「コンバインドプレーン・スイングチェッカー」
体の一部を固定して練習する道具ではありません。頭の中の“感覚”を習得するために開発しました。 お持ちのクラブに装着し、あるポイントを意識しながらスイングすることでコンバインドプレーン理論で提唱する縦横のプレーン上にクラブを下す感覚を正確に体感し習得できます。

今まで「あなたは手でクラブを振っている」と言われたことがありませんか?自分ではボディターンでスイングしているつもりでも、実際には手振りだということが非常に多いのです。

その原因は「どうのように振るとボディターンであり、リストターンはどのような動作なのか?」を具体的に理解できなかったからです。 そこで安藤秀が長年の指導実績から生み出した画期的なアイテムが、スイングチェッカーです。

これまで習得した人にしかわからなかった「体でクラブを振る」という動作も、このスイングチェッカーを使えば、瞬時に間違った動きがチェックできるとともに、正しいボディターンと腕の使い方を理解できます。 またこのスイングチェッカーはクラブに装着するだけで実際にボールを打たないため、場所を選ばずスイング学習ができるのも特徴です。

是非、練習場に持っていってください。安藤 秀コンバインドプレーン理論実用書版の使い方

DVDとはここが違う! 気になるページには印を付けて練習場で実践してください ゴルフのレッスン書なのにゴルフスイングの連続写真が写っていない。

これも、本書が注目されている最大の理由かも知れません。

本編の連続写真はすべて、実際にボールを打っているシーンの連続写真ではありません。

もちろんスイングフォームをコマ送り画像にして本編に載せることは可能でした。

しかし、それをあえてしなかったのは、私の筋力によって発生した勢いを含む瞬間の写真を掲載しても、それは私個人のものであり、すべてのゴルファーに適応しないからです。

このことから、本書の中では「コンバインドプレーン上でスイングする感覚」の伝達を最優先に考え、読者がもっとも理解しやすいであろうアングルと静止画像を選び紹介しています。

私がスイング中にどんな感覚で、どんなイメージでスイングしているか?

そこに焦点を集めた編集に仕上げています。

どうか感じとって下さい。

コンバインドプレーン理論テキスト版は、飛んで曲がらないボールを何度でも打てるフルスイングを習得することが最終目標ですが、従来の「まずはフルスイングから始める方式」とは逆に、最初にふり幅の小さなスイングからスタートします。 アドレスとグリップの基本形を学んだあと、そこから先はコンバインドプレーン理論独自の5段階ステップアップレッスンでスイングの完成を目指します。

何から手をつけていいのかわからない…
自分のスイングの何が欠点なのか知りたい

こうした悩みを解消しつつ、アマチュアゴルファーがスイング学習で自分のレベルや学習方向に迷わないように構成されています。
まずはごく初歩的なスイングを覚え、そこから徐々に大きなスイングへと進んでいくため、練習の成果がいたる場所で実感できるのも特徴のひとつです。

もちろんスイングの仕組みや体の動かし方、クラブの振り方を文章だけでなく、安藤秀自身がモデルとなり実際にクラブを振っている写真を交えて解説しています。

DVDではコンバインドプレーン理論を動きのある映像としてお見せしましたが、今回のテキスト版では映像で細かくチェックしにくかった体の細部の動きや、正しいスイング感覚を作るためのポイントを丁寧に解説しています。

ご注意いただきたいのは、今回のコンバインドプレーン理論テキスト版がただのスイング解説書ではないという点です。安藤秀がゴルフクラブを振っている写真を掲載し、その通りに振りなさいというものでは決してありません。

段階的にスイングを大きくする方式を採用したことで、
このテキストを読んだすべての人が、

独自のスイング感覚をベースに自分自身の能力を最大限に引き出せる最高のオリジナルスイングを構築することができる、最先端のスイング感覚習得プログラムです。


これから目の前で繰り広げられるコンバインドプレーン理論の世界への期待感でワクワクしてきませんか?
今まで上達をあきらめていた皆さん。
ここからがスタートです。

では少しだけコンバインドプレーン理論テキスト版の内容をご紹介していきましょう。

理想の弾道は正しいアドレスからしか生まれない。
今回、テキストと同時に開発したコンバインドプレーンスイングチェッカーは、安藤秀とコンバインドプレーン事務局が共同で開発した世界でも類を見ない新しいタイプの練習用器具です。

ゴルフクラブに装着しゆっくりスイングするだけで理想的な腕の使い方が理解できます。そして間違った腕の使い方をすると、スイング中のどのタイミングで間違った動きをしてしまうのかもチェックできるのです。

このスイングチェッカーがこれまでの練習器具ともっとも大きく異なる点は「器具自体には矯正力がない」と言う点です。矯正力がないため器具をはずしてしまうとスイングが元の悪いフォームに戻ってしまうというようなことがなく、学習者本人の力で正しいスイングを理解しながら、習得することが出来るのです。

そしてテキストには正しいスイングチェッカーの装着方法、使い方、チェック方法までを細かく収録してありますので、誰でも簡単に使いこなすことができます。
理想の弾道は正しいアドレスからしか生まれない。
ゴルフスイングの基本であるアドレスについての解説です。
これまでは体格の差などを考慮せずに「こう構えてください」という指示しかされなかったアドレスを、個人の体格を考慮して、その人に合ったアドレスを作り上げます。

アドレスはゴルフスイングにおけるもっとも重要な基礎です。
正しいアドレスがどのような形であり、どうやって作られるのかを知らないままなんとなく構えていては、いくらスイングの練習をしても上達は見込めません。
飛んで曲がらないボールを何回も打つために、必ずマスターしなければいけないアドレスを徹底的に学習できます。

グリップの重要性と正しい形を完全解説。
グリップには複数の握り方があり、それぞれにメリットとデメリットも存在します。
それぞれのグリップを解説しながら、正しくクラブを握るための方法を解説しています。

グリップはアドレスと同様、手の大きさや握りやすさに個人差があります。
その個人差を考えてコンバインドプレーン理論に基づくスイングにもっとも適したグリップは何か?
またどうやって握るのかを解説しています。
この章では正しいグリップの形に加え、自分に最適なグリップが何かを知ることが出来ます。


段階的指導法のメリットを最大限に活用したステップアップ式レッスン。
基本的なスイングからスタートしフルスイングの一歩手前までを構築します。
ただし、このスイング構築の章で学ぶのはただのレッスンではありません。まずスイング全体を4つの局面に分けています。
そしてそれぞれのスイングにおいて

「なぜそのスイングが必要なのか?」
「どのようなスイング感覚が習得できるのか?」
「実際にボールを打つ場面ではどのように効果を発揮するのか?」


ということを詳細に解説しています。

また、お手本スイングの写真を見て「このスイングと同じように振ってください」という指示はなく、もっとも基本的な動きを解説したのちに、そのスイングの作り方、注意点、多くの人が悩むポイント、悩みやすい箇所の解決法を収録しています。

理想のスイングを押し付けるレッスンでは決して上達しません。

しかし段階的指導が可能なコンバインドプレーン理論なら、学習する人のゴルフレベルにもっともマッチした練習方法を選択できるのはもちろん、キャリアの短いビギナーの方が違和感なくスイング構築レッスンをスタートできます。





眠っているスイング能力を最大限に引き出した答え、それがフルスイング。
フルスイングまでレッスンが進んだら、
そこで終わりではありません。
フルスイングで重要なフィニッシュ姿勢を正しく作るためのドリルをはじめ、正しくスイングを学ぶことができたかを最終チェックで知ることができます。

もし、フルスイングまで練習したがうまくボールが打てないという問題がおきても、その原因がどこにあり、どうすれば修正できるのかがすぐにわかるのです。

フルスイングまでたどり着いた時点で、アドレスから始まった段階的指導法のすべてを学習していることになります。

しかし、これまで学んだすべての項目や課題がすべて確実に身につくには多少の時間を必要とします。
自分に足りない動きや習得できていない部分を把握し、繰り返し練習しながら目指すスイングと弾道を手に入れてください。
ゴルフスイングにおける謎と誤解を、驚くほど明確な理論で解説。
第九章はアマチュアゴルファーがよく勘違いする、
間違った常識とその疑問に対して理論的な答えを用意しました。
また、その疑問を解決することでどんな効果があり、
どうすれば正しいボールヒットができるのかを説明しています。

まさに目からウロコの情報を盛り込んだ章です。

雑誌に書いてあったからというだけで信じてきたこと、上級者に教えられたから疑わなかったこと。
そんな中に埋もれていたスイングの大きな誤解や謎を誰もが分かるように明確な理論で解説していますので、
理論に基づく本当のスイングの科学を知ってください。
ナイスショットが出ない、その原因をピンポイントで理解できます。
第十章に収録されているのは、ゴルフスイングにおける指導方法の歴史の変遷です。

これまでどんな過程を経て、現在のスイング指導法に行き着いたのか?
また現在のスイング指導法の問題点を挙げ、どうすればもっとも効率よく上達できるのかをテキストとイラストから知識として吸収することができます。


なぜコンバインドプレーン理論がこれほどまで話題になるのか?なぜコンバインドプレーン理論だと上達が早いのか?をはじめ、いま自分が学習するべきスイング方法を明確に理解することで、ただ漠然とゴルフクラブを振るだけよりも、はるかにモチベーションがあがるはずです。


ナイスショットが出ない! その原因をピンポイントで理解できます。

フルスイングまでなんとなく学習したが、安定したショットが打てない。

ナイスショットも出るが、ミスショットも同じくらい出る。

ミスショットが出る原因がわからない。

こんな問題にぶつかっているアマチュアゴルファーは多いはずです。
これはなんとなくフルスイングの形までを体で覚えたものの、
そこに理論や正しい知識がない場合は特に起こりやすい現象です。

ではなぜこんな問題が起こってしまうのか?

それはズバリ「ミスショットの起こるポイントを理解できない」からです。

従来のスイング教科書は、フルスイングまで解説して終わりでした。
それでも正しいフルスイングが身についていれば問題ありませんが、スイング習得途中の段階で間違った動きを覚えてしまうと、
フルスイングまでたどり着いてもミスショットを連発してしまったり、
まったく自分でミスショットの原因がわからないことも珍しくありません。

そこで、この教科書では誰もが上達の過程でも自分でミスショットの原因を把握し修正しながらレッスンを進められるように、リターンポイントを設定してあります。

このリターンポイントにより「うまく打てない」「ミスショットが出る」といった場合に、
その原因と直し方をすばやく理解し実践することが出来きます。


このリターンポイントこそ、本教科書の最大の特徴であり安藤秀のこだわりでもあります。


安藤プロは、今回・・・筑波大学に通い
何度も何度もこのテキストの修正を行いました。

これからのゴルフレッスン界を形作る新理論・安藤秀プロのコンバインドプレーン理論を
このテキストで先取りし、誰よりも早くスコアアップを達成して下さい。


非売品・安藤 秀プロ考案

安藤秀がよりスイング感覚の習得に有効なアイテムを考案しました。
それがスイングチェッカーです。

自分が本当に正しいスイング練習ができているのか?という疑問を瞬時に消し去ってくれるアイテムです。

これを使うことで間違った練習を続けることもなくなるため、練習の成果をいち早く実感できるようになるでしょう。

文章や写真だけではなかなか伝わりにくい正しい腕の動きが、誰でも簡単に体感できるようにと作ったのがこのスイングチェッカーです。
ゴルフクラブに装着し、あるポイントに注意しながら軽くスイングするだけで
コンバインドプレーン理論の基礎項目である「リストターンなし型」の腕の動きを理解することができます。

このチェッカーは安藤秀自身が考案したものであり直接指導を受けられない人でも、安藤秀に直接指導してもらっているのと同じレベルの練習がいつもで手軽にできる特別限定のアイテムです。

チェッカーとしての機能や強度を考慮し綿密な計算のもと作られたが、コンバインドプレーンオリジナルスイングチェッカーです。
シンプルな造詣でありながら、コンバインドプレーン理論における正しい腕の動かし方が一瞬で体感できるのが特徴です。クラブへの取り付けも簡単でどなたでもすぐに装着できます。
実際の使用方法はテキスト内に詳しく解説されていますので、まず装着方法と使い方を把握してからスイングチェッカーを使用してください。(色は黒になります)

PGA A級ティーチングプロの安藤 秀の凄さとは?

安藤秀は日本で唯一の体育科学の博士号を持つティーチングプロであり、その論文は国内にとどまらず世界中で大きな反響を呼んでいます。

世界各国で行われる学会に出席するたびに、コンバインドプレーン理論は多くの研究者や博士から賞賛され、いまや純国産スイングとしての評価も飛躍的に高くなっています。

もちろん安藤秀を博士として認めたのは筑波大学であり、コンバインドプレーン理論が完全なオリジナルの理論である証明でもあります。
超図解・実用書版・まったく新しいゴルフ理論を読むことで…

さらにコンバインドプレーン理論の書籍、DVDを発売後、ゴルフ、スポーツ業界からも、その画期的なスイング理論に注目があつまり、数多くの書籍に安藤秀が登場しています。今回のテキストに収録されている内容を基礎から実践することで

基本的なグリップやアドレスが覚えられる・どのようにスイングイメージを持てば上達できるかが理解できる・自分が目指す最高のスイングを具体的に思い浮かべることができる・ドリルに対する習熟度が自分自身で判断できる・今練習していることが、コースでどう役に立つのかを知ることができる。

一部の感想をご紹介します。アマチュアゴルファーの方に内容を見ていただきました。

一人で練習していても迷わなくなった。
DVDではわからなかった、「ミスショットを生み出す体の動き」についての解説が本当に役に立ちました。
スイング感覚の仕組みがわからないと、どこが悪いのかわからずにスイング全体を直そうとしてしまうため、
結局修正箇所もわからずにいました。
しかし、このテキストならなぜミスショットが発生するのか?
その原因はどこにあるのかが明確に指示されているため、一人で練習していても迷いが生まれずに助かっています。
特にスイング中の体の動きの中で「ここがこうなっていてはダメ」とパターン化されているため、
自分の欠点を一個ずつ潰していけるのがいいですね。
今までは、雑誌のマネをしてるだけだった。自分のスイング感覚を掴むのがこんなに大事なことだったとは…
これまで50冊以上のレッスン書を読みましたが、これほどシンプルかつ的確にスイング作りを表現したものはありませんでした。矛盾が一切ない点も評価できます。スイングをはじめから作ろうと書物を読み漁りましたが、必ず「さっき書いてあった正しいことを実行しようとすると、やってはいけない動きをしないと無理」というような現象が起きて困っていました。
そこでどっちを取るかと迷った挙句に、アマチュアですから「とにかくボールに当たるほう」を選ぶしかなかったのです。その結果は、あまりうまくならずゴルフスイングの難しさばかりがわかり、練習に嫌気がさしたことも一回や二回ではありませんでした。しかし、このテキストは非常にシンプルでありながら細部まで丁寧に解説してあり、まるでわかりやすいゴルフスイングの説明書のような感じがします。少しずつスイングを作りたい人はもちろん、ある程度キャリアがある人がスイングチェックに使うことも出来ると思います。
ベストスコアが-24も縮まりました!
                   次のラウンドが楽しみで仕方がないです
「ミスショットが出たらこうやって直せ」というこれまでのレッスン書とは逆ですね。「ミスショットはここから生まれる」という点がわかるので、根本的にスイングを直せます。自分では気がつかないうちにミスショットを発生させる動きが身についてしまうのは理解していましたが、それがどんな動きや悪かった感覚から生まれるのかまでは理解していませんでした。そのため、体の動きやアドレス、グリップなど考えられる原因をひとつずつ自分で確認してきましたが 、それにもやはり限界がありました。しかし、このテキストは自分が悩んでいることをピンポイントで探して直すことが出来る構成になっているため、練習に行くときには必ず持っていくようにしています。
感覚をつかむと、同じフォームで何度も打てるんですね…感動です。
グリップとアドレスにこれだけページを割いた書物をほかに見たことがありません。特にグリップのテキストと動画には驚きました。最初に会社の上司から教わったグリップと、テキストと動画で見るグリップとはまったく別物で、今までまったくデタラメの握り方をしていたことがわかっただけでも価値があります。
これまで自己流だったために、確かに最初だけはテキストに書いてあることを実行することは違和感がありましたが、それが馴染んでくると、グリップはもちろんすべてのセッティングが合理的で正しいスイングをするために必要だと言うことが理解できました。今までのレッスン書や指導書は自分のレベルでは理解できないものも多かったのですが、このテキストはまさに自分のゴルフ練習を手助けしてくれる教科書です。
特別特典のスイングチェッカーが私の勘違いを指摘してくれました。
                   プロ達は、こんな感覚でクラブを振ってるんですね。納得です。
どうしてもコンバインドプレーンにおけるクラブシャフトの軌道がイメージできなかったのですが、この教科書と動画のおかげで、すぐに納得できました。スイングチェッカーも画期的です。腕の縦の動きと体の横回転に関しては書籍も読み、自分なりに研究してみたものの、なぜか完全に理論を体で覚える段階まで至りませんでした。
自分でも「どこかが違うから理論どおりにクラブが振れない」ということはわかっていましたが、それが何なのかをバシっと解決してくれました。
また理論を体で覚えるために作られたスイングチェッカーも、かなり練習に有効なアイテムだと実感しています。なぜこのチェッカーを使うと正しい動きがマスターできるのか?という基本的なことが自然と理解できるなんて絶対にほかのレッスン書にはない驚くべき特徴だと思います。
この感覚を知らずにいたら…
                   私は、一生つまらないゴルフをしていたところでした。
自己流のスイングがいかに効率の悪い振り方だったか思い知らされました。力まかせのフルスイングとコンバインドプレーンのL字スイングが同じ飛距離だなんて・・・。正しいスイングをしたときは、体がどう動いているのかを頭で理解し、さらに細かいチェックポイントを写真で追っていくことができため、少しでも間違った動きをしたときは、そこを重点的に繰り返し練習することが出来ます。
これまでは練習場に行けばひたすらスイングを繰り返してきましたが、今ではこのテキストを確認しながら練習しています。同じ練習時間でも打つボールの数は半分に減りましたが、スコアの伸びは2倍以上です。
正しい理論の理解と正しい練習方法を同時にマスターできるため、週に1回程度の練習でもその効果は確実に現れています。
教えてもらった感覚でクラブを振ったら目指していた理想のスイングが出来た!
                   自分でもいまだに驚いています。打球にも大満足です。
DVDも購入しましたが、やはり動画にはない書物の良さを実感しました。繰り返し自分の知りたい部分だけを文字と写真でじっくりと勉強できるのが嬉しいです。DVDだと知りたい部分をいちいち止めたり巻き戻したりという作業があり、なかなか集中して一点を勉強することが難しかったのですが、テキストならじっくりと勉強できますし、なによりも場所と時間を選ばないことが最大のメリットです。
練習場はもちろん、家事の合間にめくってみたりコースに行けばラウンド前にちょっとだけ確認するなんて使い方もしています。スイングチェッカーも、量販店に売っている他の大げさな道具と違いシンプルなため、練習場でも人目を気にせず使っています。自分なりのペースで自分にあった正しいスイングを作れるのが一番のメリットかもしれません。
ますます安藤プロに直接教えてもらいたくなった。
練習場に持参してコツコツと練習していますが、非常に細かく解説されているので、まるで安藤先生のレッスンを受けているようです。スコアは劇的に縮んでいます。自分で疑問に思っていることが本当に正しい疑問なのか?という迷路に入り込んでいたときにこのテキストを購入したこともあり、一気に悩みが解消されました。私は特定の人に指導してもらったこともなく、疑問があれば悩み考え抜いて自分なりの結論を出すしか解決方法を知らなかったため、このテキストは私にとって唯一の指導者と言えるかもしれません。
場所柄、安藤先生の指導を直接受けたくても不可能なため今では時間さえあればテキストを見ています。文字だらけのレッスン書ではないために、空いた時間にパラパラと写真を追うだけでもその動きが理解でき、細かい部分が知りたければ文字を追うという使い方ができるのもありがたいポイントです。


さて、気になるコンバインドプレーン理論「スイング感覚の習得テキスト」のご提供価格です。

今回はコンバインドプレーン理論を生み出した安藤秀が、全世界のゴルファーのためにスイング構築の真髄とも言える「感覚」を中心に、もっとも効率がよいステップアップ方式のレッスンをテキスト化してみなさんにお届けします。
これまでにコンバインドプレーン理論は書籍、漫画、DVDと数多くのかたちで発表され、さらに現在でも多くの媒体で取り上げられています。そしてその相乗効果もあり、安藤秀のゴルフスクールに入会希望者が殺到したことで、今では入会まで最低でも1年以上待たなければならない状況です。

また安藤秀の活動拠点が東京であることから、遠方のレッスン希望者には対応できていないことも事実です。 しかし、今回このコンバインドプレーン理論をテキスト化したことで、安藤秀のレッスンを受けられない方も、実際のレッスンと同レベルの練習が可能となりました。

空いた時間に自宅でテキストを見ながらスイングを作ったり、練習場に行く前に練習ポイントを確認したりと、その使い方は幅広く、さらにスイングテスターでより精度の高いスイングを作り上げることが可能です。

安藤秀が一切の妥協を許さず、「すべてのゴルファーに理想のスイングを手に入れてほしい」との想いをこめて作ったテキストですが、その最大のメリットは「安藤秀のレッスンがいつでも受けられる」ことにあります。

皆さんこんにちは。PGAティーチィングプロの安藤 秀です。
私は、ゴルフスイングの指導を始めて17年になりますが、常にレッスンの現場で大切にしていることがあります。それは、レッスンを受けている人が現在どれくらいのレベルにあるのかということの把握です。レッスンで生のレベルを把握するというのは、スコアやスイングフォームに置き換えると考えられやすいのですが、実はもっとも大切なのはそのプレイヤーがどの程度のスイング感覚を得られているかということなのです。

そして、その時に感じるのが「多くのプレイヤーがスイング感覚ではなく、見た目のフォームを重視したスイング練習をしている」ということです。つまり、有名プロのスイングコピー的な学習です。
このような学習をしていると、形はなんとなく似ているがそこにはスイング感覚がないので、様々な調整ができません。

例えば前下がりの斜面ではアドレス時に両膝をいつもより深く曲げ背骨の前傾角度を変えずに構え、その膝の角度を保ったままスイングする。このようにスイングするとクラブヘッドはいつもより低い位置を通過するが、これは、体に対して通常より低い位置にスイングプレーンを作るプレーン沈み感覚です。この感覚があれば、どんな角度の斜面でも対応できるようにスイングが調整できます。

このような調整は普段から自分のインパクトエリアのプレーンを作ってスイングするという感覚が必要になるのですが、スイングフォームのコピーで練習してしまうと絶対に手に入らないものなのです。

このことからも分かるように、スイングを学習する上でスイング感覚の学習は最も重要な課題であり、スイング感覚を伝えるためにフォーム練習が存在します。
このため私は、どのプレイヤーにあっても、その人がどのようなスイング感覚を持っているのかを分析してから指導するようにしているのです。

今回のテキストでは、スイング感覚のべースとなる部分が学習できるように
①手首を固定してスイングする感覚
②重心移動を伴った回転をする感覚
③スイング中に手首をコックする感覚
④スイング中にクラブをリフトアップさせる感覚
⑤フィニッシュフォームを作る感覚
という5つを収録しました。

このテキストで得られる感覚は、今後のゴルフレベルが上達してもプレイヤーの中にさまざまな応用力を生み出すことになります。

ぜひコンバインドプレーン理論 テキスト版で効率よくスイング学習を始めてください。

超図解・まったく新しいゴルフ理論
特別価格14,500円(税込)
※カード注文は、分割払いがご利用頂けます。


実用書版「超図解・まったく新しいゴルフ理論(全126ページ)」特別特典「安藤 秀考案 コンバインドプレーン理論・スイングチェッカー」優先お申込フォ-ム

お支払い方法      
お名前
郵便番号
商品お届け先住所
メールアドレス
お電話
 
※カードにおきましては「分割支払い」が可能です。
※領収書など、経理処理について要望があれば対応します。
以下の「備考欄」より「宛名」などご相談ください。
備考