まったく新しいゴルフ理論 パター編 DVD|Dr.安藤の特別講義DVD版

パッティング上達の極意

もうパッティングは怖くない ロングパットは30センチ以内に!ショートパット、ミドルパットは1打でカップイン!

正確に打てる!パター数が減る!

数十センチの距離感が合わない、方向性がカップ半分狂ってしまう方に朗報!

パッティング上達の極意

オール2パット目標!真っすぐ! 転がりよく!  さあ“パッティングを極めよう!”

ロングパットをきっちりと寄せて、ショートパットで確実にカップに沈める。
これで全てのホールは2パットで決まります。
ところが、3パット4パットが当たり前と思っているのであれば、
パッティングを見直してください。

4パットが3パットになるだけで、スコアは18も良くなるのです。
では、2パットでカップに沈めることができれば・・・・。
凄いスコアになるのではないでしょうか?

その上、ミドルパットを1打で入れてしまえば、バーディーも夢ではありません。
パターは感覚のクラブではありません。感覚と共に必ず技術が伴っているのです。

パターの技術って? そう、今までパターは運と感覚だけの勝負だと思っていたあなたは間違いです。実は2パットでカップに確実に入れる究極の方法が存在しているのです。

パッティングに自信!スコアメイクに役立つ!まったく新しいゴルフ理論・新DVDレッスン パッティング上達の為の技術と感覚の習得

パッティングは感覚だとよく言われます。これは否めない事実ではあります。しかし、そうなると感覚を掴むまで練習をひたすらするしか、パターは上達しないということになってしまいます。それで、良いのでしょうか?

そこに技術を伴わないと、パターはいつまで経っても「運だ!」としか言えなくなります。このままでは、パターに自信を持つことはできないでしょう。 もっと、確実に寄せて、そして確実にカップに沈める感覚を技術的に覚えることができれば、もうパターを「運だ」と言って言い訳しなくてもよくなります。

今回は、その感覚とそれを構成する技術にメスを入れて、徹底的にパッティングを解明していきます。

ラウンドが始まる前に、パッティンググリーン上で無駄話をしながら、ただボールを転がしていませんか?パッティンググリーンは世間話をするところでは無いのですが、なぜか皆さん楽しそうに話し込んでいます。それはそれで、コミュニケーションをとることも大切でしょうが・・・。

 

しかし、今からゴルフを楽しむのですから、良いスコアで回りたいじゃないですか!そのために、朝のパッティング練習は、貴重な時間だと思ってください。
パッティンググリーンでは、今日の体調や芝目、芝の硬さを見るのはもちろんですが、フェイスの向きを見極めたり、距離感を掴む絶好の時間です。この時間を無駄にしなければ、その日のゴルフを思いっきり楽しむことができるのです。ところが、その見極めの方法が分からないために、世間話の時間に変わってしまうのです。

これでは、もったいない。その方法を知ることができれば、真のゴルフの面白さが分かってきます。このパターの技術による感覚を習得するためのレッスン方法をついに公開しました。

 

ロングパットを寄せて、ショートパットで決める2パット、さらにミドルパットを1パットで沈めてしまうことが可能になる、欲張りなパッティングレッスンプログラムです。
そのため、ロングパット、ショートパット、ミドルパットそれぞれに分けてレッスンしていきます。パターが上手くいかない、3パット4パット叩いてしまうなど、多くの方はパターに悩んでいます。 それはなぜなのでしょう?
まず、パターがヘタクソだといわれる方、何が上手くいかないのかお分かりでしょうか?

ロングパットがダメなのか、ショートパットが上手くいかないのか。もしかするとそれ自体を分かっていないのではないでしょうか?
まずは、何が悪いのか、何処が悪いのか、原因を突き止めることが大切です。
レッスンは、その原因を掴むことから始まります。

ゴルフが上手な人程、スコアに直結するパッティングを重視しています。

ここでプロと比べる話をしても「所詮プロはプロ」と言われてしまいそうですが、やはりプロから学ぶことは多いでのす。実際プロはパターをゴルフ全体の80%と見なしています。そのため、パターの練習に費やす時間は、かなり多くとっています。

また、アマチュアであっても上級者になれば、いかにパターがスコアに響くかを知っています。1パットも無駄にできないことを、実感しているのです。 先ほどのいい方を変えれば、1ホールで1パット多く打つと18スコアが悪くなるということになります。そのため、1ホール2パット以内で上がることを目標にしています。

たかが1パット、されど1パットなのです。スコアで具体的な数字を挙げてみると、なるほどと感じていただけるのではないでしょうか?それだけ、パッティングを重要視する必要があるということになります。ところが、多くの方はパターの練習をほとんどされていません。

そもそもパッティングは練習の仕方が解らない?と、後回しにしてませんか?

パターにお悩みの多くの方のご意見を伺うと、パターの練習の仕方が分からないと言われる方がほとんどのようです。 もちろん、パターのレッスン本やDVDはたくさん本屋に行けば並んでいますし、ネットでも探すことはできます。 しかし、今までどのレッスン方法を使ってみても、結局感覚でしかないと諦めていなかったでしょうか?そうなのです、「パターの距離と方向性を何度も繰り返し行って、感覚を掴みましょう」というような内容ばかりなのです。

では、時間が無い方はパターを諦めろということになりますよね。いいえ、決してそうではありません。パターの感覚を身につけるためには、そこに確固たる技術が伴っているのです。その技術まで知ることができなかったため、「パターは感覚」という域から抜けきれなかったのです。 そして、ゴルフはドライバーやアイアンが基本だからと、パター以外のクラブを練習していたのではないでしょうか?もちろん、ドライバーもアイアンも基本のスイングを練習しなくてはいけません。しかし、ショットもパッティングもゴルフなのです。パターはカップに入れるためのタダの道具ではありません。たとえロングパットの距離があったとしても、2パットでボールをカップに沈めることは可能なのです。

パターの練習の仕方が分からないからと言って、いつまでもパターを放っておいていいのでしょうか?このままでは、これから先、これ以上スコアを縮めることは不可能です。 しかし、パターの腕前を上げる術がないため、結局は後回し。最悪、練習すらすることが無くなってしまっています。

あたりまえのように3パット、4パットしてませんか?
           入る気がしないパッティングをしていませんか?

パッティング1つであっという間に80台が見えてくる! どうしてもパターが入らない方は…まずは考え方を変えて下さい!

パターに飛ばしの要素はいりません。必要なのは「転がし」の要素です。体の動かし方が変わります。

まず、質問です。あなたはロングパットが上手くいかないのですか?それともショートパットですか?またはミドルパットに悩んでいるのですか?多くの方は、この3つのパターンに別れます。ロングパットを運に任せている方は、距離がぴったりと合えば良いだけのこと。ショートパットが入らないとお悩みの方は、方向が合えば入ります。
そのためには、ロングパット、ショートパット、ミドルパットの構え方から振り幅、方向性をそれぞれ覚えなくてはパターの悩みは解消されません。 もちろん、ドライバーやアイアンを使うときと、パターを使うときの体の使い方は全く違っています。その違いを頭に入れておかなければ、簡単にはパターを克服することは難しいでしょう。

パターは真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す。と思っていませんか?いいえ、違います!

よく、ロングパットを打つと、カップの近くを通って打った分だけボールを転がし過ぎて「方向が悪かった」と嘆く方がいらっしゃいます。これは、方向性が問題ではなく、初めから距離感が全く掴めていないだけのことなのです。
なのに、「方向が悪かったな」

つまり、ロングパットでカップに寄らない原因が分かっていないということなのです。
また、ショートパットでカップに沈めることができない原因が、フェイスの向きに問題があることすら気がついていない方がほとんどなのです。これでは、いくら感覚と言われたとしても、なぜ寄らないか、なぜ入らないか原因が分かっていなければ、感覚を掴むことはできません。

ただ、単にパターはまっすぐ引いて真っすぐ打ち出すという単純作業ではないのです。しかし、多くの方は、パターを上達させるための手段をご存じないために、単純作業だけでカップに挑んでいるのです。 これでは、どうあがいても、2パットでボールを沈めることは不可能でしょう。



iPhone で動画をご覧になる方はこちら

なぜか、ほとんどの方はパターの練習をしっかりと行っていないのが現状です。それはなぜか?答えは簡単、パターをどうすれば上手くなるか、分からないままでただ転がしているからです。
もちろん、パターの練習用マットで練習されている方もいらっしゃいますが、そこで距離感を掴もうと常に意識している方は、上級者の方でなければ、まずいらっしゃらないと言えます。まだ、練習するだけ良い方で、部屋の片隅にたたんだままという方もいらっしゃるのではないでしょうか?もう、この状態からそろそろ、卒業しましょう。
パットには形なしと言われます。しかし、パターを振る前の準備があるのです。フェイスの向きを目標に向けて、カップまでの距離を転がすための振り幅と力加減を、構えた時にしっかりと準備しておくことが必要なのです。後はラインを読めばボールは思った通りに転がります。

ただし、これだけの準備が必要だということを、知っておかなければいけません。ところが、この方法はどう探しても、なかなか手に入れることができなかったのです。そこで今回、今まで見つけることができなかった、パターの基本中の基本から、距離感と方向性の感覚を掴むための技術を、ようやく手に入れることができるようになりました。

抜群の安定感を身に付ける!最新の機能を備えた流行のパターに飛びついて打ち方をそれに合わすのではなく、
           自分自身のパッティングスタイルをきちっと検証して練習する事が上達の鍵です!

少しゴルフが面白くなってきた方は、どうしても気になるのが、人が持っているクラブですね。
自分より上手にパターを沈める方のクラブが気になって、気になって仕方が無い。

3パット4パットしてしまうのは、もしかしてクラブのせいなのかも・・・と、とんでもない考えが浮かんでしまう方がいらっしゃいます。

確かに、高級クラブは高い分、ある程度の安定性のあるストロークが手に入ります。しかし、まずは自分のパッティング技術をしっかりと身につけて、その技術を固定させた上での高級クラブです。 練習方法を分かっていない状態で、いくら最新の機能が備わったクラブを使っていても、それは宝の持ち腐れというものです。まずは、距離感がピッタリの方向性が定まったパッティングの技術をしっかりと身につけることに集中してください。

このDVDで習得する事で 針の穴を通すパッティングでボールが面白いほどカップに吸い込まれる!

ここ一番、確実にパットを沈める為の最強の武器となる安藤流パッティング理論とは?

パターを簡単に諦めていませんか?「パターは運だから、いくら練習しても上達なんてしないでしょ!」
そう思い込んでしまって、ただカップに向かってとにかく転がせば良い的な考えでは、面白くありません。
しかし、だからといって思い通りのストロークを打つ手段が全く分からないのでは、そう思われても仕方ないでしょう。

カップに入れるという前に、ロングパットであれば、1.5メートル以内に寄せることを考えましょう。
1,5メートル以内に転がすことができれば、次に1パットでカップに沈めることを考えてストロークの準備をしましょう。

このように、パターは2段階で考えて、寄せる、沈めるの2パットで仕上げてしまうことができるのです。
それには、まず距離感をピタリと決めることがポイントです。そして、その後に方向の定まった準備に取りかかってから、カップインさせるのです。そこにはミスショットは存在しません。

このように、とにかく闇雲にパターを動かすのではなく、どうすれば距離がピッタリのボールを転がすことができるのか、その技術と感覚、そしてぴったりとカップにロックオンされたボールの方向性のための技術と感覚を、身につけることが可能なのです。

今回のレッスン法は、パターをロングパット、ショートパット、ミドルパットとそれぞれに分けています。
今までのパターのレッスン法は、このように細かく分けて教えてはいませんでした。
ではなぜ、今回のパターレッスンは3段階に分けているのでしょうか?それは、ロング・ショート・ミドルのパッティングに必要な感覚がそれぞれ違うからなのです。
「同じパッティングじゃないのですか?」 そう、今まで誰もが思っていらっしゃったのではないかと思います。つまり、この区別をすることの重要性を理解していなかったことが、パターが上達しなかった原因だったのです。

ショットにもフルスイングとアプローチショットがあるように、パターにもロング・ショート・ミドルの打ち方があって当たり前なのです。 そこでまずは、ロングパットの練習から始めていきます。 ポイントは距離感です。グリーン上、ピンまで残り5メートルであった時、今まで距離を考えたことはありましたか?どれくらいの振り幅で、どれくらいの力で打てば寄るだろうと計算したことはありましたか?多くの方は、その感覚が全く分からないまま、ただ転がしてとにかく近くに寄せれば良いというだけだったと思います。 そして、方向性を重視しなくては入らないショートパットとミドルパット、これはフェイスの向きとスパッとの決め方が勝負になります。

このように、ロング・ショート・ミドルとそれぞれ、異なったレッスンを行っていくのが今回のDVDの最大のテーマになります。

VOL.1 パッティング上達の為の理論的解説 構え方・握り方・振り方の理論的解説

ゴルフが上手い人は、パターを軽視しません。むしろ、スコアを伸ばす人、スコアが安定している人ほど、パターの重要性を熟知し、練習に抜かりが無いのです。

コースに出る前に、必ず行って欲しいのがパターの練習です。
その日の体調、芝の硬さ、ボールの転がり具合など、たくさんの情報を入手することができるのが、朝のパター練習なのです。

ところが、なぜかほとんどの方は、雑談の時間になってしまっています。
スタート前のパター練習を疎かにしないでください。この瞬間だけしかパターの本格的な練習はできないのですから。
ロングパット、ミドルパット、ショートパットの感覚をこの時間を使って確認することが重要なのです。
スコアが安定している上級者の方になればなるほど、この朝のパター練習を真剣に行っています。ただ、パターの基本と技術と感覚を身につけていないと、パターの練習をしていても上達することはありません。

結局みんなと一緒にパターでボールを転がしているだけになってしまいます。早く技術と感覚を身につけて、スタート前のパター練習をしっかりと行いましょう。

ロングパットをいかに寄せるかが、スコアを縮めるポイントになります。

パターの上手い方はいらっしゃいます。その方にパターの上達の秘訣を聞いてみると、「感覚です」と言う答えが返ってくることが多いのです。 なぜなら、パターの理論が頭に入っていないからなのですね。ということは、万が一スランプに陥ってしまった時、修正することができなくなってしまいます。理論と技術が頭と体に入っていないからです。
ロングパットをいかに1パットでショートパット圏内に寄せることができるか、その技術を理論的に頭に入れてさえいれば、どんなにスランプになったとしても、基本に戻ればすぐに修正することができます。

パターは運でもなければ、偶然でもありません。しっかりとした理論に基づいた基礎さえ知っていれば、確実にスコアを縮めることが可能なのです。 いかがですか、ロングパットの距離感を持つことの重要性がお分かり頂けたでしょうか?
今回のレッスンDVDでロングパットの距離感の掴み方、カップに寄せるための技術を完全にマスターすることが可能です。


VOL.2 ライン読みに必要な感覚と技術の習得法 ロングパットに必要な感覚と技術の習得法

なぜ3パットをするのか?それは、ロングパットの距離感が悪いからです。

ロングパットを1.5m以内に1パットで寄せることができれば、後は1パットでカップに沈めるだけで、どうですか!2パットで終了させてしまえますね。これがパターの醍醐味なのです。
ところが、ロングパットを1パットで寄せることができなければ、ショートパットまで持っていくことはできません。つまり、1パットで寄せることができないために、3パット、ヘタをすれば4パットになってしまうのですね。

しかし、ほとんどの方は、これは仕方の無いことだと諦めているのです。
いいえ、これが自分の運、または実力だからと思っています。これでは本当のゴルフの面白さは半減してしまいます。

どんなに長い距離を残したとしても、カップまで1.5m以内に寄せることができれば、3パットなんてあり得ないのです。  この1パットが全ホールでは18打の違いが出るのです。
今までのベストスコアから18打引くといかがですか?80台、いいえ70台も夢ではないですよね。

カップに「フェース」をあわせて、フェースの「芯」で、ボールを「強め」に打つ!理想のパッティングフォームを手に入れる

ショート、ミドルパットはスクエアフェイスです。ただし、構えた時にスクエアになっていなければ、ボールに力が加わった瞬間に、方向を失って疾走してしまいます。自分では直角に構えているつもりなのですが、意外に外れているのですね。 どうすればフェイスを直角に構えることができるのか、そしてどのように打ち出せば良いのか、力の加減はどうすればいいのか、今まで感覚だけに頼っていた方は、その方法を手に入れてしまえば、本当のゴルフの面白さを実感していただけるでしょう。


VOL.3 ショートパットに必要な感覚と技術の習得法ミドルパットに必要な感覚と技術の習得法朝の練習グリーンの確認方法

ショートパット・ミドルパットのチャンスに強くなる!自信を持って打てる!

ロングパットで確実に寄せてしまえば、後は残りのショートパットを沈めるだけです。ここでは、距離は関係ありません。必要なのは方向性です。 ロングパットの距離感をマスターした振り方に対して、ショートパットは、転がしたいポイントにフェイスが合っているか合っていないかが勝負の分かれ道。
転がす方向にフェイスが直角に向いていなければ、カップに向かってボールは転がっていってはくれません。ショートパットは感覚ではなく、いかに目標に直角にフェイスを構えることができるかなのです。

このフェイスの角度を決めることができればミドルパットも1パットで決めることが可能になります。 ところが、ミドルパットの難しさは、曲がりが大きくなってしまうことです。 思っている以上に、ラインに全く乗ってくれないと言うことが起きてしまうのがミドルパットですね。
原因は、ストロークに関係しています。これは、プロでも苦しんでいる部分です。まっすぐ引いてまっすぐ打ち出すことができていたとしても、ラインが曲がってしまうことは、多々あります。そこで、そのラインの読みをどうすれば良いか、その部分について、アドバイスしています。

グリーンは、平らなように見えてどれも高低差があり 左・右に曲がりのあるラインになっています。

実際のコースに出てみればお分かりですが、グリーンは決してフラットではありません。右へ左へ傾いていたり、膨らんでいたり、ヘコんでいたり・・・・ さて、このようなグリーン、どう攻略しましょう?

ラインを読まなければ、ボールはどこへ転がっていってしまうのか分かりません。どうラインを読むか。その距離と曲がりが歩み寄った時、初めてそのタッチ感を知ることができます。その技術と感覚を、ここでしっかりと身につけてください。


大好評!DVD購入者特別レッスン!!差し上げます! 今回DVDをお申し込み頂いた方には20本の動画レッスンをお届けします!

安藤 秀プロの特別動画レッスンが視聴できる特別動画ページへの招待します

これまでに多くのゴルファーを指導してきた安藤プロが、ゴルフの上達の究極のポイントを集めてレッスン動画を制作しました。
これがあれば、今まで上達できなかった全てのゴルファーたちの悩みを、全て解消することが可能です。
門外不出の動画レッスンが、今回特別にお申込頂いた方だけにお届けすることとなりました。このDVDとレッスンン動画だけでも、あなたのスコアは見違えるほど良くなります。


レッスン動画は、ゴルフのすべてをアドバイスしています。ドライバーもアイアンも、そしてパターも全てゴルフのプレーには欠かせないアイテムです。その1つ1つに対して、分かりやすく、そして体をアドバイス通りに動かすことができる解説付きで、詳しく説明をしています。

ゴルフはやればやるほど、奥が深いことに気付かれていることと思います。ドライバーだけがまっすぐ飛ぶだけでは、アプローチが目的のところに落とせるようになるだけでは、パターが2パットで決めることができるだけでは、上級者とは言えません。この全てが連動して1つのホールをまとめなければ、良いスコアを出すことはできませんよね。そのために、全てのクラブの悩みや問題点をここで解決させてください。 そうすることによって、あなたのゴルフは激変することでしょう。

グリーン上に響く喜びの声! Nice Birdie ナイスバーディー!パーオンしたホールでは、バーディーの確率が格段に上がり、グリーンを外しても、
           パターに自信があるので自然とアプローチも気が楽になる!

進化した確かな距離感と方向性があなたの自信に繋がる! パッティングの安定がスコアの安定を生みだしOKパットを量産する

上級者はファーストパットで距離感が合っているので、カップに入らないことがあっても、残りは30cm〜50cmほどしか残すことがありません。
そうなると、OKがもらえますよね。 ところが、パター苦手の方は、カップのすぐ横を通り抜けてその先1mも2mも転がって行ってしまっているにもかかわらず、「惜しい・・・」と言われますが、それは惜しいのではなくただ単に距離を全く考えていない打ち方をしているだけなのです、これでOKはあり得ません。

ロングパットで重要なのは距離が合っているかということです。距離が合っていれば、カップまでの残りの数十センチがOKとなるのです。 これで2パットで上がることが完璧になりますね。 また、ロングパットで1.5m圏内に入りさえすれば、後は1打でボールを沈めるだけです。ミドルやショートパットは確実な方向性が必要とされます。そのため、ミドルパットはスクエアにヒットさせなくてはいけませんし、ショートパットは方向感覚を身につけておかなければいけません。

このように、ロング・ミドル・ショートパットはそれぞれ分けて練習しなければ行けないのです。確かに、今までこのように分けて教えていたレッスンは、全く存在していなかったということではありませんが、しかし、残念ながら理論的に練習する方法を教えているものはありませんでした。 そのため、多くの方は頭では理解できていたとしても、体の動かし方が分からないままパターを振っていただけだったのです。

プロは打ち出した瞬間に「弱かった」「強かった」と、いつもいつも距離が頭から離れないほどなのです。それだけ、距離が合っているかどうかがパターの要だと言えます。そう考えると、アマチュアであっても同じことを常に頭に入れてパッティングをしなくてはならないことに気付かれるでしょう。

この要である距離感と、そしてワンパットで沈めるための方向性を頭と体で覚え込ますことができれば、あなたのスコアは今よりも少なくとも8〜10は縮めることが可能になります。いままであり得なかった、見たことも無い出したことも無いスコアが、目の前に現れてくるのです。 もう、何も迷うことはありませんよね。

PGA A級ティーチングプロの 安藤 秀の凄さとは? 

今までよく解らなかったストローク中のヘッド軌道やフェース向きの修正が理解できる!繊細なタッチで乱れない
           正確なパッティング技術を身に付けてください

今までパターの練習をしている方は、もちろんそのレベルは確実に上がっているはず。毎ホールでのOKの数が増えてきたなと感じていれば、間違いなく上達しています。そこには、必ず距離感覚と方向感覚がしっかりと備わっているはずです。

たとえ、カップの右にボールが止まってしまったとしても、それでOKなのです。そこには、距離を常に考えてパター練習を積んできた努力が見えているからです。
パターはアドレス時に、しっかりとフェイスの向きを目標に向かって直角に構え、そして振り幅を決めて打ち出す。そして、ボールが転がるその軌道から目を離さないようにして、最後までボールを目で追う。ここまでの集中力が備わっていないと、パターはいつのまにか「運です」ということになってしまいます。 その構え方と振り幅、打ち出す瞬間のインパクトをただ単に「感覚」として終わらさないでください。その感覚は理論と技術の上に成り立っていることを決して忘れないでください。
全ては、このDVDの中にあります。 パターが上達しないと嘆いている方、パターは大嫌いだと言ってしまっている方、どうかその気持ちを「パターってこんなに面白いものだったのか」に変えてください。

アドレス時からストローク時、インパクトまでの集中力と安心感がアップしました!OKパットが増えました! 一部の感想をご紹介します。アマチュアゴルファーの方に内容を見ていただきました。
2パットが10回も出せるようになりました! 男性 63歳

安藤さん、やっとパター編のレッスンDVDを出してくださって、本当にありがとうございます。 私は、ゴルフ歴は長いのですが、スコアが最高に良かったときが80台後半、それも運が良くてです。ドライバーやアイアンはかなり腕を上げてきましたが、パターだけは良い練習方法が分からず、運を天に任せて打っていました。安藤さんが言われるようにです。
しかし、このパター編を購入してパターのことを深く理解することができたお陰で、2パット10回、3パット5回、1パット3回と言う快挙でホールを終わることができました。今までは3パット4パットだったのですが、ロングパットの寄せが上手くいくようになると、ショートが1パットで入るのですから、本当に不思議です。このお陰で、ショットも冴えてきて、83で回ることができるようになりました。
この歳ですが、益々ゴルフが面白くなって、これからも体が動く限りゴルフを続けていきます。

パターを練習するだけでスコアがこんなに良くなるなんて・・・女性 46歳

ゴルフのスコアって、こんなにすぐに良くなるなんて、思いもしませんでした。今までドライバーが飛ばないからだとばかり思い込んでいたのですが、パターが3パット以上でしか上がったことの無い私には、2パットなんてできるはずがないと思い込んでいたようです。
誰に聞いても、数打ってその感覚を覚えなきゃと言われていましたが、この感覚をどう掴めば良いのかさっぱりでした。 これまで安藤プロのドライバー編、アプローチ編と購入してレッスンに励んできたので、パターもでないのかと待っていました。 出してくださって、本当にありがとうございます。
これでさらにゴルフが上達出来ます!70台で回るのも夢ではなくなりそうです。

距離感の掴み方はこうするのかと初めて知りました 男性 59歳

初めまして、私はもうすぐ還暦を迎えるゴルフが三度のメシより大好きな者です。 実は、今までパターには毎回泣かされていまいした。どう練習をしていいのか分からないまま、今日まできてしまったという感じです。ロングパットは特に、ただなんとかカップの近くまで転がそうという気持ちだけで打っていました。 でも、転がりすぎるのが怖くて、だいたいがショート気味だったのですが、どうしても距離の掴み方が分かりませんでした。しかし、この安藤プロのアドバイスのお陰で、距離感はこうやって掴むのかということがはっきりと分かり、今では、ロングパットが楽しくて仕方が無いんですよ。近くまでファーストパットで寄せることができるようになったので、OKがもらえるようになりましたよ。
本当に、安藤プロには感謝しています。


パターの練習方法を初めて知ったようです! 男性 55歳

安藤プロ、パター編のDVDを作っていただいて、ありがとうございます。今まで、パターのレッスン本を買っては、練習マットで頑張っていたのですが、どうも納得いかなくて悩んでいました。ドライバーやアイアンは結構上達したと思っていたのですが、パターのセンスだけは無いのかなと、諦めていたところでした。ところが、このDVDを拝見してからというもの、パターはこうやって練習するのかと目からウロコ状態でした。もう、パターが嫌いになる理由が無くなりました。

パターの練習方法を初めて知ったようです! 男性 55歳

初めまして、私は35歳からゴルフを始めたばかりです。まだ、ドライバーもそれほど上手だとは言えないのですが、なんとかまっすぐ飛ばすことができるようになって、ゴルフの面白さを感じられるようになってきています。
ところが、パターの練習方法が今ひとつ分からなくて、誰に聞いても「練習するしか無い」とか「分からん」と言われて、もしかしたらパターって誰もそんな感じなのかなと疑問に思っていました。そんな時に安藤さんのパター用のレッスンDVDがあることを知って、思い切って購入してみました。
やっぱりパターの技術を上げる方法ってあるんじゃないってゴルフ友達に言ったら「自分にも教えてくれ」なんて言われてしまいました。その人、私よりも何年もゴルフ歴のある人なんですよ。ちょっと驚きでした。今までこの人、パターの練習したこと無かったのかなって不思議でしたね。
初心者でも大丈夫かなと思いながらの購入だったのですが、これが凄いんですよ。まず、基本から入ってなぜパターが苦手なのか、その原因をはっきりさせてから、その苦手なところを練習していくんです。

だから、私みたいなまだ悩むところまでも達していないような腕前でも、十分理解することができるんですよ。本当に助かりました。ゴルフってショットとパターでできていると言う安藤さんの言葉が、よく分かりました。 これで、今度行くコースは、レッスンの成果が出るかを見る事ができます。結果は、また報告させていただきます。

家内に大きな顔ができますね 男性 70歳

お世話になります、安藤プロ。
もうこの歳で今更パターの練習を始めるなんてと、家内に言われてしまいましたが、どうしてもパターに納得がいかなかったんで、無理矢理購入してしまいました。 これがダメだったら、家内にはウソでもつかないといけないかなと心配までしていましたが、とんでもなかったです。
パターの真髄と言うか、ごもっともと思うようなレッスン内容だったので、どうして気がつきつつもできなかったんだろうと反省しています。 ロングとミドルとショートを分けてもらっているので、その違いがよく分かりました。 長年パターに対しては、勘違いしていることが多かったなと、今更ながら驚いています。振り幅で距離が違ってくることも、すでに分かっていたのですがその目安が掴めなかったので、結局転がす距離がバラバラだったのですが、やっと距離感というモノを掴むことができるようになりました。
おかげさまで2パットで終了できるホールが多くなり、OKをもらえる回数が増えました。 グリーンでボールがピンに引きつけられるように転がっていくのは、気持ちいいいですね。ドライバーやアイアンのレッスンDVDも手に入れたいと思っています。ゴルフって本当に面白いですね。

パターに対する間違った思い込みに気付けました 男性 61歳

こんにちは、安藤さんのコンバインドプレーンでのドライバー編を購入してから、私のゴルフは本当に上達しました。スコアも良くなって、これで満足していたのですが、パター編が出ると知って、これは買わなくてはと思いました。ドライバーでスコアが上がったのだから、パターまで上達したら、ますますスコアが良くなるはずだと思ったからです。

実際にパター編のレッスンDVDを見て、なるほどと思わされました。ショートパットでいつも緊張して入らないことが多く、2パットで入るのは稀で3パットが当たり前になっていました。でも、あまり疑問に思っていなかったのですが、今回のDVDを見てから、自分の思い込みが間違ってたことに気付いて良かったです。


まるで精密機械 インパクトの瞬間の手応えが変わる!

パッティングの不確実性を解決する安藤流パッティング理論の秘密とは? パターは決して運や偶然で入れるものではありません。「いつか入るだろう」なんてもう言わせません!

パッティングは、サイコロを振っているようなものと思っている方が非常に多いのです。どういうことかと言うと、サイコロの目の6を出すためにどうすれば良いかと考える方はいません。何回か振っていれば、いつか出るだろうくらいです。パターも同じように考えていて、何回も転がしていれば、そのうち入るだろうくらいの意識しか無いのですね。それで、本当のゴルフの面白さを知ることはできません。
パッティングもしっかりとした理論に基づいて、その上で技術を身につければ、確実にロングパットで寄せて、ショートパットで沈めることができるのです。そのためには、なぜ今まで寄せることができなかったのか、なぜショートパットを外してしまうのか、その原因を見つけることが大切です。パッティングの技術はその原因が分かった上で、身につけていくものです。

パターは決してサイコロの目を出すことと同じではありません。理論的に体の動かし方から構え方、振り方を知ることができれば、いつか入るだろうなんてことを言い訳にしなくても済みます。
確かにパッティングは感覚ではあります。しかし、その感覚は技術の上に成り立っているものなのです。感覚と言う曖昧な練習では、誰もやろうとは思わないでしょう。しっかりとした理論に基づいた技術を頭に入れて体に覚えさせながら、感覚を身につけてください。パット数が確実に減っていくようになれば、上達したと実感することができるようになります。

“来い来い来い来ーい!”吸い込まれるようにボールがピンに寄っていくあのワクワクを何度も何度も体感してください

明日、3パットしたくない。 ならば、安藤DVDで一夜漬けしてメンタルの支えにしてラウンドに挑んでください。

このDVDは、あなたのゴルフを100倍も面白くしてくれます。ゴルフはドライバーやアイアンだけでは無いのです。パターも含めてゴルフなのです。 ショットが良くても、パターで3パット4パットと出してしまえば、その後のショットにも影響が出てしまうのです。次のホールでティーグラウンドに立った時、あの忌まわしいパターが頭をよぎってしまうこともあります。

そうなると、「またグリーンでたくさん転がさなくては」とイヤな場面が頭に浮かんで、ショットがいい加減になってしまうことがあるのです。思い当たることはありませんか? 2パットで入らなければパーは望めません。これは当たり前のことですが、ゴルフはパーの数が決まっています。パーで上がるには、まずパター数を2パット以内に抑えないと無理だということですね。 では、2パットで入らない方は、初めからパーは諦めているということになります。時々は2パットで入ることもありますが、これはたまたまなのです。これで本当のゴルフの面白さを感じることってできないですよね。

明日のゴルフは、2パット狙い。ということは、パーも夢じゃないな! そういう楽しみを持って、ゴルフ場に行ってみてください。これほど最高のゴルフの醍醐味を味わうことはないですよ。


安藤プロからの最後のメッセージです。

今回のパター編を作りませんかというお話をいただいた時、
ついにきたかと興奮しました。
世の中にはパターを理論付けて書いている本は、ほとんどありません。
私自身もパターに悩んでいらっしゃる多くの方のレッスンを行ってきて、
その悩みの中から 見つけ出した理論なのです。
つまり、これは私が作り上げたものではなく、皆さんの悩みの中から
作り上げたモノです。

実はパターのイップスに悩んでいる方は、
特に中上級者の方が多いようです。

長年プレーした方であっても、イップスに悩まされてしなう方を
たくさん見てきました。しかし、イップスは克服できます。
とにかく、もうパターは諦めた、パターは嫌いだなんてことを
言わないでください。
トッププロでも、突然パターに悩むときがあるのですから、
アマチュアの方が悩むのは当たり前だというくらいに
構えていてください。

いくらショットが良かったとしても、スコアは頭打ちです。
ロングホールを1打でオンさせることはムリですよね。そこで、これ以上のスコアの伸びを期待するなら、パターを見直すだけです。

ただし、ただパッティングをひたすら行ったところで、パターは上達しません。しっかりとした理論がそこでモノを言うのです。
パターの練習の仕方が分からないけれど、とにかく振ってみれば良い、という時間のムダをする必要はもうありませんよ。何とかなるさではなく、きっちりと2パットで上がってやるという心意気でパターに臨んでください。

1ホール、パターの1打が減れば、当たり前のようにスコアは18も伸びるのです。単純計算ではありますが、これは現実に起こることなのです。このような奇跡にも近いことが、現実にあなたに起こるのですよ。

私のパターレッスンで、あなたも確実にスコアを伸ばすことができれば、真のゴルフの面白さを体験することができるはずです。

※カード注文は、分割払いがご利用頂けます。




お支払い方法      
お名前
郵便番号
商品お届け先住所
メールアドレス
お電話
 
※カードにおきましては「分割支払い」が可能です。
※領収書など、経理処理について要望があれば対応します。
以下の「備考欄」より「宛名」などご相談ください。
備考